top1

メールはこちらまで

広報 せきそう

 ●NOSAI赤相●
 赤相農業共済事務組合
 〒678-0292
 赤穂市加里屋81番地
 (赤穂市役所第二庁舎内)
 TEL(0791)45-1101
    (0791)43-6878
 FAX(0791)46-4686

■家畜共済

<共済目的>

牛:原則として、出生後第5月の月の末日を経過したもの。
ただし、本組合では、出生後第6月未満の子牛及び授精等の後240日以上の胎児を対象とすることができる。

家畜

<共済目的 の種類>

家畜の種類 共済目的の種類 加入資格取得月齢
乳牛の雌等 成乳牛 乳牛の雌で引受時に出生後第13月の月の末日を経過しているもの
育成乳牛 乳牛の雌で引受時に出生後第5月の月の末日を経過し、13月の月の末日を経過していないもの
乳用子牛等 乳牛の雌で引受時に出生後第5月の月の末日を経過しないもの及び乳牛の子牛、胎児等
肥育牛 肥育用成牛 肥育を目的として飼養されているもののうち、引受時に出生後第5月の末日を経過したもの
肥育用子牛 肥育を目的として飼養されているもののうち、引受時に出生後第5月の末日を経過しないもの
肥育牛以外の肉用牛 その他の肉用成牛 乳牛の雌等、種雄牛及び肥育牛以外の牛で、引受時に出生後第5月の末日を経過したもの
その他の肉用子牛等 乳牛の雌等、種雄牛及び肥育牛以外の子年で出生後5月の末日を経過しないもの及び乳牛以外の牛の胎児で当該共済責任期間中に授精等の後240日に達する可能性のあるもの

<対象となる災害>

家畜の死亡、廃用、疾病、傷害(胎児は死亡のみ)

<加入資格>

牛の養畜業務を営み、組合の区域内に住所を有する農家が加入できます。
ただし、農作物共済に加入している農家で、牛を飼養する者は、家畜共済に加入しなければ
なりません。(義務加入)

<引受方式>

乳牛の雌等(成乳牛・育成乳牛・乳用子牛等)、肉用牛等について、その対象家畜を一体として
加入する「包括共済」です。新たに導入した対象家畜又は加入資格に達した家畜は、自動的に
対象となります。

<共済金額 (補償額)>

共済金額 = 共済価額※1 × 付保割合※2(30%〜80%)

※1:個体評価額の合計額をもとに、農家ごとに決定します。
※2:(30%〜80%)の範囲で、農家さんが選択することになります。

<共済掛金>

農家負担金額 = 共済金額 × 掛金率※3 × − 国庫負担掛金

※3:過去3年の被害状況から算出されています。
掛金の50%は国が負担しているので、農家の負担が軽減されています。

<共済金の 計算>

@死亡・廃用の場合
支払共済金 = 事故家畜の損害額(家畜の価額-残存物価額) × 共済金額 / 共済価額
残存物価額等
廃用家畜の肉皮等残存物の評価額、補償金等を指します。
過去の被害率等から年間の支払共済金に限度が設けられる場合があります。

A疾病・傷害の場合
契約ごとに定められた限度内であれば、NOSAI獣医師(嘱託指定獣医師含む)の診療を無料で
受けられます。
初診料は農家負担となります
 

copyrignt(c) 2007 NOSAI SEKISOU All rights reserved.